給与奉行を有効活用!新入社員の届出手続や書類作成を効率よく行える社員登録方法とは?

給与奉行を有効活用!新入社員の届出手続や書類作成を効率よく行える社員登録方法とは?


新卒採用の新入社員が入社する4月は、社内で管理する情報の登録から各所への届け出の提出など、人事労務担当者にとって非常に忙しい時期となりますね。

そこで、新入社員の入社時に必要な手続きと準備項目、OBCの給与計算ソフト『給与奉行』を使用する時の便利機能をご紹介します。


◆新入社員入社時に必要な手続き・準備とは?

  1. 給与・人事システムへの社員情報の登録
  2. マイナンバーの収集・保管
  3. 健康保険資格取得(健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届)手続き
  4. 雇用保険資格取得手続き
  5. 4月からの給与計算準備

今回は、【1.給与・人事システムへの社員情報の登録】について、給与奉行の便利機能をご紹介します。

新入社員の登録は、Excel形式の一括入力で効率UP

給与システムに給与奉行を使用している場合、新入社員の情報が集まった時点で社員情報の登録を行いますが、社員情報の入力項目が非常に多く、入社時に最低限必要な項目の確認や入力が大変…ということはありませんか?

そんな時には、新入社員に必要な入力項目をあらかじめ設定しておくことで、もれなく簡単に社員情報を登録することができます。

今回ピックアップするメニューは、【社員情報一括登録】メニューです。

【社員情報一括登録】メニューではExcelのように社員情報の一括変更ができますが、
未登録の社員も一括登録することができます。

【シーンに合わせて、入力必要項目を記憶させましょう】

  • 新入社員登録時に必要な項目を、給与奉行に覚えさせることができます(パターンと呼びます)。新しいパターンを作成するときは、新規ボタンを押します。
  • 一度作成したパターンは「パターン名」に一覧で表示されますので、次回からは前回設定した条件をそのまま使用することができます。

ポイントは、処理区分で【新規】を選択することです。
給与奉行に登録されていない社員情報を、一括で新規登録することができます。

新入社員に必要な項目のみ、ピックアップします。

【表示された項目を、Excel形式で入力していきましょう】

条件設定で選択した項目のみ表示されますので、社員番号→氏名→氏名(フリガナ)…と順に入力していきます(社員番号は必須入力です)。
一通り入力が終わったら【登録】ボタンを一度押すと、入力したすべての社員情報が一度に登録されます。

 

入力した内容は、通常の【社員情報登録】メニューでも確認・修正することができます。
効率よく登録したい!という方はぜひお試しください。

奉行シリーズカテゴリの最新記事