なぜ年齢は「誕生日の前日」に加算されるのか?

法律上、年齢は「誕生日の前日」に加算されます。

誕生日の前日に年齢が加算される理由には、次の2つの法律が関わってきています。

§年齢計算ニ関スル法律

第1項 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算

§民法

(暦による期間の計算)
第143条第2項 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。(略)

これらの法律によると、年齢は、生まれた日(出生の日)が起算日となるため1日目として数え始め、誕生日の前日(起算日に応答する日の前日)に1年が満了します。

8月1日が誕生日の場合は、7月31日に1年が経過します。

7月31日の24時は、デジタル時計の表示では8月1日午前0時ですが、法律上は、「7月31日の24時」と「8月1日の午前0時」は別物です。

1年が満了するのは「7月31日の24時」であり、これを日単位で考えると、誕生日の前日である「7月31日」が年齢が加算されるタイミングとなります。

ゴールした時点で1周したことになる

根拠条文を見ても誕生日の前日に年齢が加算されることに違和感を感じる方もいるようです。

例えば、運動場を走って1周する場合、「運動場を1周してきた(ゴールした)」と認められるのはどのタイミングでしょうか。

スタートラインとゴールラインは一緒ですが、1周が終了するのは「1周目をゴールしたとき」であり、「2周目をスタートしたとき」ではありません。

年齢を数えるときもこれと同じで、1年を経過した(1周した)ことになるのは、誕生日前日の24時(1周目のゴール)であり、誕生日当日の0時(2周目のスタート)ではありません。

他の例えとして、1日1杯ずつコップに水を入れていく場合を考えてみましょう。

1月1日に1杯目のコップに水を入れ、次の日以降も、2杯目、3杯目とコップに水を入れていくと、12月31日に365杯のコップに水が入ります。

通常であれば、12月31日に365杯目のコップに水が入った時点で「1年分が終わった」とカウントするのではないでしょうか。

366杯目のコップ(=1月1日のコップ)を用意するまで1年分が終わっていないのでカウントしないとは考えません。

つまり、誕生日の当日(366杯目のコップを用意したとき)ではなく、誕生日の前日(365杯目の水が入ったとき)が、年齢を加算する日(カウントする日)となります。

社会保険では年齢の数え方は重要

 社会保険の手続きでは、国民年金の資格取得や喪失の年齢や雇用保険の加入年齢など、年齢を基準に適用範囲が変わったり、資格の加入期間が変わったりするものが多くあり、どの時点で年を取るのかということは大変重要です。

例えば、国民年金は「20歳に達した日の属する月」から加入します。

「20歳に達した日」とは、「誕生日の当日」ではなく、「誕生日の前日」ですので、4月2日生まれ(=4月1日に20歳に達する)の人は4月から国民年金に加入し、4月1日生まれ(=3月31日に20歳に達する)の人は3月から国民年金に加入することになります。

同じ月の生まれでも、国民年金に加入するタイミングに1か月の差が生じます。

年齢による資格取得や喪失のタイミングは、社労士試験でも論点として出題されやすい部分であり、「誕生日の前日に年を取る」とただ暗記するのではなく、その理由も理解するように心がけるとよいでしょう。