元労働基準監督官社労士Blog

社会保険労務士事務所しのはら労働コンサルタント

「労使トラブル」の記事一覧

従業員がマイナンバーの提出を拒否した場合はどのように対応すべき?

「マイナンバー法」(手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)の施行に伴い、今年の年末調整から、従業員は、マイナンバーを記載した扶養控除等申告書を会社に提出することが必要となりました。 しかし、従業 […]

求人詐欺を行った会社に対する罰則規定の新設へ!求人詐欺から身を守るためには?

ハローワークの求人票や求人情報誌に掲載されている労働条件が、面接時に提示された労働条件や勤務開始後の実際の労働条件と異なっていることでトラブルに発展するケースは後を絶ちません。 そんな中、厚生労働相の諮問機関である労働政 […]

遅延損害金はいつから請求できる?(遅延損害金の起算日)

「金銭債務の不履行に対して請求できる「遅延損害金」の特徴」と「遅延損害金を計算する際の法定利率はどれを使用する?」で、遅延損害金に関する記事を掲載しましたが、今回のテーマは、「遅延損害金の起算日について」です。 遅延損害 […]

金銭債務の不履行に対して請求できる「遅延損害金」の特徴

遅延損害金は金銭債務不履行に対する損害賠償金 債権者は、債務者の債務不履行によって損害を被ったとき、民法第415条に基づき損害賠償を請求することが出来ます。(関連記事:パワハラに対して損害賠償請求したい!その法的根拠はど […]

パワハラに対して損害賠償請求したい!その法的根拠はどこにある?

労使トラブルの解決を求めて行われる「損害賠償請求」 「損害賠償請求」とは、違法な行為によって損害を受けた人が、その原因を作った人に対して、損害の埋め合わせ(賠償)を請求することをいいます。 例えば、従業員が会社の上司から […]

労働基準法の「休業手当」と民法の「反対給付を受ける権利」の関係は?

使用者の責により労働者を休業させた場合は、労働基準法に基づく「休業手当」の支払いが必要 労働基準法第26条は、休業手当について規定している条文です。 §労働基準法 第26条(休業手当) 使用者の責に帰すべき事由による休業 […]

職場復帰を求める場合と求めない場合で変わる不当解雇の金銭的解決の方法

会社から不当解雇された労働者が、会社に対して金銭の支払いを求めてその解決を図ろうとするケースは多くあります。 では、不当解雇された労働者は、会社に対して、いかなる根拠でどのような金銭の支払いを求めることができるのでしょう […]

会社が従業員に対して懲戒処分を行うときに留意すべき点は?

会社が従業員に対して行う懲戒処分は刑法の基本原則に準じて行う必要がある 懲戒処分とは、会社が、従業員の不正または不当な行為に対して制裁を加えることを言います。一般的な懲戒処分の種類には、「譴責(けんせき)」「減給」「出勤 […]