元労働基準監督官社労士Blog

社会保険労務士事務所しのはら労働コンサルタント

「労務管理」の記事一覧

「振替休日」と「代休」の違いとは?労基法違反になることもあるので要注意!

本来会社が休みの日に社員に出勤してもらわなければならないとき、「振替休日」や「代休」を制度として行っている会社も多いかと思います。 「振替休日」と「代休」は、どちらも休日に出勤してもらうかわりに他の日に休みを与えることで […]

電通の女性社員の自殺が労災認定。問われるべきは管理者や経営者のプロ意識では?

24年ぶりに引き起こされた「2回目の電通事件」 電通の新入社員だった女性(当時24歳)が昨年12月に自殺し、三田労働基準監督署が労災として認定しました。 電通は女性社員に対して月100時間を超える残業を行わせており、また […]

年末調整の扶養控除等申告書へのマイナンバー(個人番号)の記載は省略できます!

扶養控除等申告書にはマイナンバーの記載が必要 平成27年10月15日(一部の規定は平成28年1月1日)にマイナンバー法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)が施行されました。 それに伴い、 […]

新たな労働時間規制制度「勤務間インターバル規制」とは?

政府は、一億総活躍社会に向けた施策のひとつとして「勤務間インターバル制度」の導入を推進する方針を打ち出しています。 勤務間インターバル制度は、『会社を退社してから翌日に出社するまで一定時間を空けること』を規定することで長 […]

36協定を締結し届け出るだけでは残業を命じることができない理由とは?

労働基準法の労使協定は何のために締結する? 労働基準法には様々な労使協定に関する規定が設けられています。 その中でも最も代表的な労使協定と言えるのが、一般的に「36協定」と呼ばれている「時間外労働・休日労働に関する協定届 […]

人件費の削減につながり従業員にとってもメリットが多い「中退共制度」とは?

「中退共制度」は、「中小企業退職金共済制度」の略称で、昭和34年に設けられた中小企業のための国の退職金制度であり、独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共)によって運営されています。 中退共制 […]

パート社員を正社員登用した場合の年次有給休暇の付与日数はどうなる?

働き方改革の推進や歴史的な人手不足を背景に、多くの会社で正社員登用や無期転換によって有能な人材を確保しようとする動きがみられます。 では、平成29年4月1日に週3日、1日8時間の労働条件で雇用したパート社員を、年次有給休 […]

日によって所定労働時間が異なる社員が有給休暇を取得したときに支払われる賃金は?

労働基準法第39条は、勤続年数に応じた日数の年次有給休暇を社員に付与することを会社に義務付けています。 では、シフト制で日によって所定労働時間が異なる社員が年次有給休暇を取得した場合、年次有給休暇を取得した日にいくらの賃 […]

育児休業期間取得前に請求していた年次有給休暇の取り扱い

育児休業の申し出を行ってきた社員が、その申し出より前に育児休業期間中の年次有給休暇を請求していた場合、その年次有給休暇はどのように取り扱われるのでしょうか? 育児休業申出後に休業期間中の年次有給休暇の請求はできない 育児 […]