元労働基準監督官社労士Blog

社会保険労務士事務所しのはら労働コンサルタント

「労務管理」の記事一覧

給与奉行でより簡単に! 6月からの新しい住民税を効率的に登録する操作方法

4月入社の新入社員の給与計算が無事終わり、ゴールデンウィークを過ぎると各地方自治体(市区町村)から「住民税決定通知書」が届き始める時期ですね。 各自治体(市区町村)の通知書に記載されている、従業員の新しい住民税を、6月か […]

副業をするために有給休暇を取得!問題はない!?

副業・兼業解禁の流れを受け、多くの会社が副業・兼業のルールの整備を進めています。 これから副業・兼業をやってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 通常、副業は、本業の就業時間外や休日の空いた時間を利用して行う […]

労基法改正で予定されている「有給休暇取得義務化」のポイントは!?

政府は平成30年4月6日、働き方改革関連法案(「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」)を閣議決定し、同日、厚生労働省から国会に法律案が提出されました。 (参考:第196回国会(常会)提出法律案(厚生労 […]

月100時間の残業を認める改正労基法案は「過労死合法化法案」なのか!?

政府は平成30年4月6日、働き方改革関連法案(「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」)を閣議決定し、同日、厚生労働省から国会に法律案が提出されました。 (参考:第196回国会(常会)提出法律案(厚生労 […]

一部休業日に支払われる「休業手当」「休業(補償)給付」「傷病手当金」の違い

労働基準法の「休業手当」、労災保険の「休業(補償)給付」、健康保険の「傷病手当金」は、一定の理由で休業することになって賃金が受けられなかった日に支払われる金銭です。 これらは、所定労働時間の一部を休業してその時間の賃金の […]

有給休暇の当日申請を就業規則で定めた申請期限を理由に却下することは可能?

多くの会社の就業規則には、有給休暇の申請期限が定められています。 しかし、実務においては、急病などの理由で当日に有給休暇の申請が行われることが少なくありません。 当日申請があった場合、申請期限までに申請がなかったことを理 […]

労働基準監督署が厳しく取り締まっている「労災かくし」とは?

労働基準監督署が、特に力を入れて取り締まっている法律違反の一つに、「労災かくし」があります。 「事業主が、労災事故が起きた際に労災保険手続きを行わないこと」を労災かくしと考えている人が少なくないのですが、実は、労災保険手 […]

給与奉行を有効活用!新入社員の届出手続や書類作成を効率よく行える社員登録方法とは?

新卒採用の新入社員が入社する4月は、社内で管理する情報の登録から各所への届け出の提出など、人事労務担当者にとって非常に忙しい時期となりますね。 そこで、新入社員の入社時に必要な手続きと準備項目、OBCの給与計算ソフト『給 […]